上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1週間前にやってきた楊貴妃。

メス2匹のうち、まだ体も小さくてスリムなほうが

たまごをつけているのを昨晩発見しました。

どぅしようか迷った結果

素人のわたしが体からたまごを取るのはやっぱり怖くて

その子だけ小ビンに隔離してみました



今朝、覗いてみると、体からだいぶたまごが離れていて

あと少しでポロッと落ちる?というような感じだったので

これまたどうするか迷った挙句、動かそうと思いました。

びゅんびゅん泳いだら取れるんちゃうかと(笑)

ビンのまわりに指をあてまくると、ヒュンヒュン逃げる楊貴妃かぁさん。

少ししたら、ポロリ?ンとたまごが落ちました

びびらし作戦は申し訳なかったけど、計算どおりの展開です(笑)

たまごが生まれたらカルキを抜いていない水道水に入れましょう、と

以前お勉強した気がするので、たまごだけスプーンですくってプラケへ移動。



楊貴妃かぁさんには労をねぎらって、メダカ鉢へ戻してあげました

たまごは、昨晩3つあったように思いましたが、取れたのは2つでした。

無事に生まれる有精卵か、残念ながらの無精卵かはわかりませんが

一応有精卵っぽく透明な気がするので、しばらく観察したいとおもいます

たまごの入っている水は、いつくらいまで換えなくていいんでしょうか。

どなたか教えてください


------------------
メダカ用ではないですが
無事に生まれますようにと応援クリックおねがいしますm(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント - 6

しおりさんへ←ノンノン  2010, 03. 05 (Fri) 16:34

お返事♪

無事に生まれるかなぁ~。
まだただの小さな玉粒なので、これから中で育っていくのか
楽しみに待っていようと思ってます~(^-^)

レッドラムズホーンが産卵ラッシュ!
かわいがってる方には失礼な使い道なのですが
まるの歯伸び防止に貝の稚魚を食べさせたいんですよねぇ。
レッドラムズって、ビンの中に入れておけば放っておいても増えますか?

編集 | 返信 |  

しおり  2010, 03. 04 (Thu) 16:53

Unknown

おめでた、おめでとうございます!(なんだか変な日本語…)
ベイビーが無事生まれるといいですね~~♪
今から私もワクワクです。

うちはボトルアクアのレッドラムズホーンたちが産卵ラッシュです。
まだまだ三寒四温ですが、魚や貝の産卵ってあんまり季節は関係ないのでしょうか…。

編集 | 返信 |  

aoiさんへ←ノンノン  2010, 03. 04 (Thu) 14:26

お返事(^-^)

丁寧なお返事に感謝です~♪
発泡スチロールの箱は、冬場はおさかなにとってあったかくていいんですよね。
それにフタも出来るから優れものですよね~。

老人ホームや養護学校さんに寄贈されるなんて、aoiさんは地域貢献されているんですね。
おさかながいるといないとでは、心の癒され方が全然違うと思いますから喜ばれるでしょうね~。
ほんとにステキなことだと思います♪

隔離などしなくても大人になれる子もいれば、
たまごの時点で食べられてしまう子もいる。
自然の摂理なのだと思いますが、持って生まれた生命力の強さもあるのでしょうね~!

おさかなの水換えは、必ず汲み置きした水で行うのですが
バケツもそんなにたくさんないですし、ちょうどその日にフグの水換えしちゃったもんで
汲み置き水がまったくなかったんですよぅ。
以前にね「お腹からとれたての卵は水道水につけましょう」と何かで読んだ気がして…。

昨日思い切って、余っていた9L水槽があったので、
そこに水道水をまんたんこ張って卵を移しました。へばりつかないとただの水だけ水槽です(笑)

aoiさんちは青水にならないほどカルキが強いとのことですが
よく考えてみればカルキの強さなんて知らないなぁ。
うちも一体どのくらい強いのか、気になってきました。。

過保護に育てない、というのは難しいですよね。わかります。
でもそれをモットーにされているaoiさんはえらいな~と思います。
その精神が、スイレン鉢の子たちの元気で愛くるしい姿を育てているのだと思います(^o^*)

稚魚が生まれるかわかりませんが、もしももしもうまく生まれたら
またきっとオロオロするでしょうから、そのときもいろいろ教えて下さい~♪

編集 | 返信 |  

aoi♪  2010, 03. 04 (Thu) 13:09

Unknown

ノンノンさん、こんにちは♪

産まれたbaby達も~我が家は水槽の設置をしていないのでお外暮らしなんですよ。
睡蓮鉢で暮らす親との混泳は、ちびっこちゃんなのでさせていませんが、今は、発泡スチロール(スーパーでもらったものです)の箱容器に、暮らしています。

そうなんですよ~。老人ホーム&養護学校さんに~あげちゃいます。黒・白・緋・青・楊貴妃さん達ですの♪遅く産まれたBaby'sたちなので、もう少し大きくなったら連れて行くんですよ。まだまだちびっこんなので、移動が怖くて持っていかれていないんです・・(*_*;汗~

睡蓮鉢で、ホテイ等に産み付けた卵も・・それから気がつかずに睡蓮鉢の水底に落っこちてしまった卵も・・自然の流れで・・自然にまかせて・・時がたてば、かなりの確率でちびっこおめめがワラワラ~孵化しますよ~。

ホテイ等に産み付けた卵をいれておく容器の大きさですか?
私は100均のプラスチックケース(食パンがすっぽり入る高さの横はもう少し長い位)や、普通の・・(え?普通ってどのくらいをいうのか???なのですが・・)バケツに入れておきます。

親が暮らすお水に入れておく理由は、もうひとつあって、成長した時に同じ水質に近ければ同流もちめだか達への体への負担も・・それから失敗=★も少ないんじゃないかな~って思っているから何ですよ♪いいのか、悪いのかは確かなことは言えないど・・こんな方法で昨年は産卵を楽しみました。

お水は・・・うう~ん・・・水道水を直接使ったことはないので、大丈夫ですとは言えないのですが、バケツや洗面器等に汲み置きして1晩以上置いたお水を使っています。
我が家の暮らす地方は、ガンガンに日も当てて・・どんなに置いてもグリーンウオーターにならないくらい、カルキが多いお水みたいなので・・昨年の失敗は、汲み置き水が間に合わず、ええ~い!水道水に~ドボ~ンしたら・・★になってしまったことがありました。そんな痛~い経験をしちゃったので・・いつも汲み置きお水を使っています。

これは・・あくまでも・・私の経験談です。自然な状態で~過保護に育てない~(気持ちはしたいのですが~・・・)をモットーに飼育しています。

水槽用に、稚メダカ隔離?網?みたいな用品をアクアショップ、ホームセンター等で見たことがあります。親が暮らす水槽に、ちょこ~んと網囲みをして暮らさせるようですよ~。

ごめんなさい・・こんな~お返事で~・・・お役にたったでしょうか~?あまり~参考にならなかったかも知れませんね・・・。長文、失礼いたしました。


編集 | 返信 |  

aoiさんへ←ノンノン  2010, 03. 03 (Wed) 23:07

お返事(^-^)

800匹ですか!?すごいです、aoiさん!!
そして今も100匹以上いるなんて…すごいです!!
そんなにたくさんの稚魚は、どれくらいの大きさの水槽にいるのですか!?
春になったら老人ホームへ寄付されるのですか~?

たまごを産み付けるのを待ちたいとも思ったのですが
以前☆になった子がつけていたたまご、ある日おなかからなくなっていたけれど
どこに生みつけたのか探せなかったんですよ…。
うちなんて小さなガラス鉢で、それでも探せなかったのに
aoiさんちは睡蓮鉢なのにそれを見つけられるなんて~すごいです!
さすがメダカの先生です♪

その水ごと移してきて孵化してもしばらく換水されないとのことですが
どのくらいの量のお水に水草ごと移してこられるのですか?
うちは移すほどたくさんのお水が元々ないので水道水を入れるしかないのですが…
おなかから外れて2日目だったら、水道水でも大丈夫ですか??

編集 | 返信 |  

aoi♪  2010, 03. 03 (Wed) 20:33

Unknown

ノンノンさん、こんばんは(*^^)v

楊貴妃さん、もう産卵したのですね~♪凄いですの。
参考になるか、わかりませんが~・・

私は~メダカが抱卵したら・・カボンバやホテイ草等の水草に産み付けるまでジ~っと待ちます。
くっついた卵を、親が暮らしていたお水と一緒に水草ごと・・別容器にうつし、自然に孵化してくるのをジ~っと待ちます。その間、お水かえは~しませんの。その後、無事に産まれても~しないんですよ~。
だけど~・・こんな方法で昨年は~ちゃ~んと数えませんでしたが~たぶん全部で8百匹くらいかな~?が誕生してきました。
そのこたちは~里子に出たり・・途中、水カビ病で★になってしまったこもいますが、それでもまだ・・120くらいは~baby達が~元気に我が家で暮らしています。このこたちも~もう少し暖かくなったら全員、老人ホームにお嫁入りするんですよ♪
真っ白いのは、残念ながら・・無精卵ですねえ・・。
かわいい~baby達が~元気に誕生してきてくれるといいね~。楽しみにしていま~す♪

がんばれ~!ノンノン家のメダカさん達~♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。