上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の病院以来、日に日にくるの調子が悪くなっているように感じます

こんなときこそ飼い主であるわたしがシッカリしなくちゃいけないので

備忘として、経過と現在を綴っておきたいと思います。

22日 病院に行く。食欲は一日中もりもり。

23日 渡された抗生物質の液体の薬(朝一回)を飲ませる。食欲は一日中もりもり。

24日 抗生物質を飲ませる。帰宅するとペレットと3番刈には、ほとんど口をつけてなかった。

25日 抗生物質を飲ませる。1番刈の太くて固いのと野菜しか食べない。

   あまりにも食べないので、朝はうんころさんが2つしか出てなかった。

   固いものをかじりたくなるのか、帰宅してみるとハウスを思いっきり深くかじっていた。

   こんなことは初めて。サークルから出てきてもラグや敷物をやたらかじりたがっていた。

120226_3.jpg

26日 10日分だったけれど、薬はやめる。食べるのは、少しの野菜と1番刈の太くて固いところのみ。

   前日よりは食べたようで、うんころさんは出ているけれど、小さくて数も少ない。

   もう丸3日ペレットを食べていないので水も飲まない。

   固いものを・・・と思ってわらラタンボールを与えると、結構な勢いでかじる。珍しいこと。

120226_4.jpg

   水を飲まないのでレタスや野菜をこまめにあげるが、最初は食べるもののすぐにいらなくなるみたい。

120226_5.jpg

   ペレットだけじゃなく、いつもは大好きな乾燥キャベツやペレット牧草も全く食べないが

   気が向いたときに食べてくれるよう、いろいろと好きそうなものを前日に注文。

   荷物が届いたときに呼ぶと、いつもの通り出てきてチェックはしたけれど

   やっぱり何かをかじりたいみたいで、袋の端っこを順番にかじっていってた。

120226_1.jpg

120226_2.jpg

今朝 薬はやめる。相変わらず1番刈の太くて固いところのみ少しだけ食べている様子。

   いつも朝にサークルを開けるとすぐに出てくるのに、今朝は寝てばかり。

   セロリをあげようと呼ぶと出てきて膝の上で食べたけれど、出勤前にもう一度あげると

   もういらないみたいで、大好物なのにイヤイヤして食べなかった。


正直、もう心配で心配で、今これは会社で更新しちゃってるんですが、すぐにでも帰りたい気分。

とりあえず朝に病院へ電話して先生と話してみたんですが、薬で食欲が落ちるのは珍しいとのこと。

個体差があるので、一概に食欲が出るとは言い切れないけれど

同じタイプの薬を犬や猫にも出す場合、たいてい食欲が出すぎてどうしようと相談が入るそう。

先生曰く、絶食でも大丈夫な期間は、犬猫なら1週間、ウサギは1日、モルモットは3日くらいと。

くるの場合、少しの1番刈と野菜は食べているので、絶食にはなっていないけれど

様子を見るのはあと1~2日とおっしゃってました。

薬が抜ければ元に戻ると思うけど・・・と言っておられましたが。。

病院なんか連れてくんじゃなかった・・・とちょぴっと後悔したりしてますが

くるが何に弱いかを知っておく必要もあるので、これはこれで良しと思えるよう早く元気になってほしい。

オサカナが弱ったときもそうだし、今回もそうなんだけど、いつも思うことがあります。

なんでペットって、たかが動物と思われてしまうのかと。

もしこれが子どもだったら、親として休むことも早退することも許される。

だけどペットだと、なかなかそうはいかないし、理解もしてもらえないでしょ。

わたしたちにとっては、ペットだって家族の一員なのにね。

自分の周りの人たちは、正直に話せばもしかしたらわかってくれるかもしれない・・・とも思うけど

なかなか話す勇気も出ない。

飼い主としてそんなヘタレな自分に、ちょっとイラついたりもする。

以前、ドギーマンだったかどこだったが記憶が定かではないんだけれど

ペットを連れて出社しても良かったり(ほとんどが犬猫だと思われますが・・・)

不幸があったときにはお休みできる制度があると、テレビで見たことが。

動物を大切にしている会社だからこそ、社員の動物への愛情も大切にしている制度だった。

いっそのこと、そんなところに転職したい・・・と、今朝は本気で考えました。

余談はさておき、いつも通りの食いしん坊くるに、早く戻ってほしいです!!


-----*-------*-------*-------*-------*-------*-----
たっくさんのかわいい子たちに出会えます♪
↓わたしの励みにもなるので、ぜひポチッとお願いします↓

にほんブログ村 小動物ブログ スキニーギニアピッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント - 4

梅ハルのママ  2012, 02. 27 (Mon) 16:26

ノンノンさんのご心配な気持ちがよくわかり、胸が痛みました。
くるちゃん、早く食欲が戻りますように。。。
ペットも家族、ホントにその通りです。
社会的にはなかなか口に出せないですけど、気持ちとしては、種は違えど自分の子供たちですよね。

ウチでもハルがお迎え当初病気で、いくつもの症状が出ていました。
新米飼い主でかかりつけの獣医さんもいなくて、ネットを頼りに獣医さんをはしごして、散々な思いをしたこともありました。
儲けを優先しているとしか思えないような治療を受けて症状が悪化していくのを見て、素人判断のリスク覚悟でしたが継続治療をやめて自宅療養をしたことがありました。
その時はモルの掲示板で 先輩モル飼いさんたちからのアドバイスにとても助けられました。
モルの場合、専門家も少ないし、臨床も少ないので、ケースバイケースの対応に限界があるようですね。
身体が小さい動物なので薬に対する感受性も強く、影響の出方もその子その子で大きく違ったりするようです。
先輩たちの経験を通して、モル飼育においては、お医者さんに助けてもらえる部分もありますが、獣医学が進んでいない分野だけに、飼い主の判断が重要になって来るんだと改めて学んだ経験でした。

ノンノンさんも既にご存知かもしれませんが、私は困ったことがあるとモルモット16のモル掲示板にお世話になってます。
経験談もそれぞれですので、アドバイスがそのまま自分の子に当てはまらないこともありますが、判断の一助になることは多々あります。

くるちゃん、普通の食欲不振とは少し様子が違うようですね。
食べられなくなる場合って、固いモノから食べなくなるケースが多いように思うのですが…。
お薬の悪副作用が強すぎてしまったのでしょうか。
1日も早く回復して、元気で食いしん坊なくるちゃんに戻れるようにお祈りしています。
(つい気持入っちゃって長々スミマセン)

編集 | 返信 |  

nana  2012, 02. 27 (Mon) 21:01

可愛いモルちゃんですね。はやく元気に成って欲しい。
冬子さんの掲示板に書いたんですけど、ここの方が、速く見るかと思って。
動きは、速い方が良いです。私が書き込みしている間に、sachiさんと、りんちょさんも書き込みされていますから、見て下さい。

抗生物質は、難しいです。特に、秋月さんの言われたバイトリルは、注射は良いみたいですけど、口からだと、バイトリルで、死んだり死にそうになったモルちゃんは、他の掲示板でも見ました。
私の10年の経験で、前に飼ってた4匹は、バイトリルで食がストップして動かなく成りました。始めは知らなかったので、抗生物質は続けないと効き目が無いと信じていた私は飲ませたりしてましたが、何も食べなく成ったので、病院に電話して、薬をストップしました。
その後は、他の病気の時でも、バイトリル以外の抗生物質(2種類くらい)に変えてもらっていましたが、メリーはどれも合わず、抗生物質でも死にそうになりました。(で、メリーが病気の時は、抗生物質を使えずはらはらして看病していました。)

何も食べない時は、ビタミンCをいつもより多い目にやって、水はシリンジで飲ませました。
何をやっても食べてくれないので、OXBOW社のクリティカルケァ(と言うパウダー状の食べ物。日本では「ハービーケア」。)に水を入れてふやかし、シリンジで口に入れてやりました。(動物病院で手に入ります。)

とにかく、食べてくれないとだめです。モルは、2時間ごとに食べてるんだそうです。長時間食べてないと、腸の菌が減って、動かなく成るそうです。それを解消するには、他のモルのうんちを食べさせると良いそうです。(モルは、自分でも食糞します。)

毎日のビタミンCは大切ですが、病気の時は多い目にやりました。私のはOXBOW社のビタミンCですが、モルは口が小さいので錠剤を半分に割って、食べてくれない時は、前歯の横から指で入れて、口の奥歯の方まで、突っ込んでやります。そうしたら、吐き出せません。

それから、自分で食べてくれるのが一番ですので、寝ている周りに、食べてくれなくとも、毎日色んな新鮮な野菜を置きました。とうもろこしの皮とかひげ。あれだと食べてくれる時もありました。タンポポだと食べてくれたり。園芸店で、レタスの苗を買って来たら、少し食べてくれた事もありました。でも両方とも、季節的に今は無いんでしょう。

Oxbow社のクリティカルケァ(日本では「ハービーケア」)アメリカでも、医師の診断が無いと買えない。とか、動物病院でしか売らないとか。当のOXBOW社も言っていますが、今、日本のネットで調べて見たら、たまたま、楽天と言う所でありました。(ウサギ用となっていますが、小動物用です。りんご&バナナ、アニスの味がありますが、オリジナルはアニスで、家ではアニスの方が好き?のようでした。) http://item.rakuten.co.jp/nickswan/usa002/#usa002
日本のネットで検索して見たら、他にも、
「MS ライフケアー」とか、「ベジタブルサポート」とかも、売ってました。(こう言うのは、緊急の為の物ですから、病気の前から用意しておいた方が良いです。)
そレガ届くまでには、ペレットをお水でゆるめて、どろどろにしたのをシリンジでやるとか、野菜を煮たのをすりつぶして、シリンジでやる。(ネットで、他にも書いてると思います。)私は、絹ごし豆腐を指でつぶしてやった事もありました。(でも、お豆腐ばかりでも、いけない。)

とにかく、小動物は、病気を隠すものですから、様子がおかしいと思う時は、だいぶ悪いんです。
命は、はかないです。
嘘でも、何でも、会社を休めると良いんですけど。
がんばって下さい。応援しています。

編集 | 返信 |  

梅ハルのママさんへ←ノンノン  2012, 03. 04 (Sun) 16:36

お返事♪

梅ハルのママさん、本当にありがとうございました。
心細くて心配と不安でどうしようもなかったときに、いち早くコメントくださり
そしてモルモット16を教えていただいたことで、今回本当に早い対処が出来たと思っています。
モルモット16のサイトは見ていたことがあったのですが
掲示板はあまり覗いたことがなかったので、あのように利用されているとは知りませんでした。
短時間で数多くのアドバイスが集まり、とてもスゴイところですね。
ちょっと大げさですが、困ったときのモル飼いにとっては、「神」とまで感じた掲示板でした。

梅ハルのママさんも、処方された薬で辛い思いをされたことがあったんですね。
ほんと、まさか病院で出された薬で悪くなるなんて夢にも思わないから、飲ませちゃいますよね。
わたしも2日目の夜には異変の兆候に気付いたはずなのに
3日目まで薬を飲ませてしまったことに、今となってはとても後悔しています。
だけど3日ともうまくいかず、半分くらいこぼしながらやってたのが逆に救いだったのかもですね(笑)

普通、食欲不振で一番に考えちゃうのは、不正咬合ですよね。
だけど梅ハルのママさんのコメントで「固いものから食べなくなる」がその疑いを取り除いてくれました。
いただいたコメントにどれだけ救われたか・・・本当にありがとうございました。
そしてお返事がとても遅くなったこと、ごめんなさい。

編集 | 返信 |  

nanaさんへ←ノンノン  2012, 03. 04 (Sun) 16:44

お返事♪

nanaさん、モルモット16でも大変お世話になり、こちらにも書いてくださって
ほんとにありがとうございました。

nanaさんに教えていただいたハービーケアは初耳で、しっかりとインプットしました。
もうこんな辛い思いはさせたくないけれど、必要なときにしっかりと対処していけるよう
nanaさんのおっしゃる「病気の前から準備しておくもの」というのがもっともだと思いました。

とにかく書いていただいたことを参考に、がむしゃらにいろいろと考えました。
レタスの苗を買ってこられた、というアドバイスを参考にスープセロリの苗を買い
食べてくれたときには、すごく嬉しかったです。

抗生物質のことはメモをしましたが、メリーちゃんのようにどれもダメという可能性は
くるにだってあるかもしれないし、病院のお世話になるたびに自分がシッカリ見ていこうと
今回のことで、本当に強く感じました。

たくさんのアドバイス、本当にありがとうございました。
そしてお返事が遅くなったこと、ごめんなさい。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。