上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フグは歯が伸び続けちゃうため、石やガラス面で自ら歯を削ることが出来ない子の場合は

たまにニンゲンの手で、切ってあげなくてはいけません

南米淡水フグの まる はうちに来て1年半になるので、めーっちゃ伸びてきてました

が、とっつかまえて歯を切るなんて、考えただけでも恐ろしいやありませんか

そんなわけでずーっと静観してたのですが

最近上の歯の先っちょが、下の歯の根本よりも下にいってるほど伸びちゃってて

アカムシもひっかかるし、クリルにいたっては歯にささって何分ももがく始末

その姿を見ているとかわいそうになってきて、ある日突然

「怖いから切るなんて無理 < かわいそう」と気持ちが、かわいそうさMAXに変化し

その瞬間、網をとりに走り、ぴょいとすくって、濡れたキッチンペーパーに体をくるんで

爪切りでパチンと切ってあげることが出来ました

ちょっとドキドキしたけれど、迷っていてストレスをかけちゃいかんと一心不乱に手を動かし

恐らく相当のスピードで水槽に戻せたと思うのですが

さすがに水槽へ戻した直後は色が悪く2~3分沈んでまして

そのときに、以前ネットで情報だけを知っていた

「目を閉じる」ところを見ることが出来ました

元々サカナは目を閉じんので、実際に目を閉じてるのではなく

異物が入るとそれを取り出すために、周りの皮膚で押し出そうとする

というのが近いかもしれませんが、その姿は・・・

ひどい言い方をすれば・・・ですが(←言い訳)気持ち悪かったです

まぶたがあって目をとじるのとは違い、周りの皮膚がギュゥゥとしまってくる感じで

いわゆる、梅干食べてすっぱマン(←年がバレる)な目になるんです。

何度も何度も繰り返していたので、写真を撮ることも可能だったのですが

あまりにもツラそうでかわいそうになってきて、カメラは向けられませんでした。

maru.jpg

これは歯切りしたあとの写真です。偶然おそろ柄のカラー石巻貝がヒーター上にいますね(^m^)

フグは「ふくらむ」イメージがありますよね。

あれは、怖いときに大きく見せようとする行動だそうなのですが

ふくらみすぎると破裂することもあると聞いていたので

歯切りをすることで一番怖かったのは、ソレでした

でも今回まるは、ちゃんとお口を開けてくれたし、ふくらむこともありませんでした。

次に心配していた、恐怖のあまりその後「拒食になる」ということもなく

歯切り後も、いつも通りピンセットからモリモリ食べてくれました

いやぁ~ほんとによかったよかったよぅ


-------*-------*-------*-------*-------*-------
たっくさんのかわいい子たちに会えますよ♪
↓わたしの励みにもなるので、ぜひポチッとお願いします↓

にほんブログ村 小動物ブログ スキニーギニアピッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント - 2

yukazu  2011, 04. 27 (Wed) 20:29

ひゃあ~、のんのんさん、こんな事までやってのけるんですね。
でも、これでしばらくはちゃーんとごはんも問題なく食べれるんですよね。
まるちゃんも怖かったんやろうけど、仕方が無い事ですよね。

編集 | 返信 |  

yukazuさんへ←ノンノン  2011, 04. 28 (Thu) 12:16

恐ろしいお世話でしょ(笑)
フグって体調がすぐ色にあらわれるので
かわいそうに、しばらくめちゃめちゃ変な色になってました(^-^;)
でもやっとご飯も食べられるようになって、今はご機嫌です♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。