今日は、ルリさんの食事風景を写真でご紹介したいと思いマース

まず帰宅後、ルリ水槽に近づいてみました。



ボケーとしています。うん、いつもの姿です

フタを開けて指を近づけると、イルカショーのごとくジャンプして指にアタック。

毎度のことなのに、当たられるとビクッとする自分にどうか…と思いながらジクラを入れると

いくらそーっと入れても、軽さと小粒なためみるみる水面で広がり流されていきます。

それを食べようとするルリも…



流されています(笑)

でも水流になんて負けず、果敢にチャレンジ。



見えづらい写真ですが

水面にまで達してボーボーになっているアマゾンチドメグサと水面のほんのわずかな隙間に

体を横向けにして入っていって食べてるとこです(^?^;)

再び定位置に戻ってきたころには…



あら大変。エサが沈み始めたみたいです。

「落ちていってるやん…」とでも言いたげなルリ。

そして…



またしても流れに負けず、底に落ちたエサの回収作業。

ベタが受け口なのは、浮上するエサを食べやすいためのはずですが

受け口でも大変器用に、底に落ちたエサを一発ですくって食べられちゃうみたいです。

アカムシやひかりのエサのときは、もっと短時間に水面であげられるのですが

ジクラをあげるときは毎回こんな感じです。

でも小粒すぎるゆえイマイチ量の感覚がわからず、少し多めになってる感があるので

食べるのは忙しいけど、おなかいっぱいまで食べられてるかも。

でもね、あまりに水草ボーボーで食べにくそうなので、翌日ちょっぴしトリミング



これで、少しは食べやすくなったかなん


------------------
参加しています。
よろしければポチッと応援クリックおねがいします。
↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント 17

takurouさんへ←ノンノン  2010, 04. 20 (Tue) 22:43

お返事♪

たわみ防止重要ですね!
うちもちゃんとした水槽台を使ってるわけではないので
16Lのまる水槽でも少したわみました。
なのでホームセンターで材料を仕入れて防止しましたよ~。
takurouさんちは、どの水槽をとってもうちよりはるかに水量が多いので
トンテンカンカンは大事ですね~!

ホテイ草、うちは大量購入したのでしばらくはいけそうですが
この前いつもと違うホムセンに行ったら、初めて青々とした大きなものに出会いました。
お値段も相当良心的な価格で、ホムセンやペットショップも1軒に決めず
いろいろと回って手間ひまかけて買い物しないとだな~と改めて思いました。

洗車スポンジろ過のこと、いろいろありがとうございます。
ルリのヒレはなかなか落ち着かないので、様子を観察しつつ
わたしもいろいろと勉強していきたいな~と思ってます!

編集 | 返信 |  

takurou  2010, 04. 19 (Mon) 21:28

追記。。。

洗車スポンジ形式ですが、このシステムで濾過を組むと、その水槽のお魚さんが薬浴が必要なほどの
病気になった場合、濾材にダメージを与えないためにも、薬浴専用の別水槽の準備が必要になるかと
思います。。。

ノンノンさんの環境の場合は、以前にルリさんを薬浴するのにプラケースを使われていた記事が
記憶の片隅にあるので・・・
それでいけるなら大丈夫かと思いますが(´・ω・`)

編集 | 返信 |  

takurou  2010, 04. 19 (Mon) 21:23

おへんじ(゚ー゚)

俺も今日は久々に時間取って水槽メンテを・・・じゃなくて、水槽置いてるのが、下にほぼ補強のない
木製1枚板のカウンターなので、昨日ホームセンターで仕入れておいた木材やら金具やらを使って
トンテンカンテンガンガンと、「たわみ防止」対策してますた(゚ー゚)

ホテイはまあ、好調な葉もあるってだけで、下向いててライトの当たりにくいとこはどんどん
痛んできてまつよ(´・ω・`)
ウチとこのホームセンターには、あれ以来ホテイのまともな入荷がないですw

あ~フグのとこの記事ね・・・
あそこだけは、「食卓に水槽置いて・・・」ってくだりが特に・・・なんだかなぁ、って思いましたねハイ
ウチで名前までつけた魚は初めて、というわりには、あまり可愛がられてなさそうな雰囲気が・・・
確かに、可愛いがって飼ってる人にとっては読むと悲しくなる内容ですね(´・ω・`)

洗車スポンジ方式を検討なされるとすれば、押さえとかないといけないポイントがいくつかあるので、
熟読して、ルリさんに大丈夫なシステムかどうか、よく御検討なさってくださいね(゚ー゚)♪

編集 | 返信 |  

takurouさんへ←ノンノン  2010, 04. 19 (Mon) 11:12

お返事♪

いやん、コメント入れてくださったこと忘れないで~。
って、お返事遅れてるわたしが言うな!って感じですね(笑

昨日は久しぶりにゆっくり時間のとれる休日だったのでアクアを満喫しました。
大掃除から模様替え、さらには新しい子たちを迎えるためにホムセンも行き…
朝から夜まで食事するのも忘れて一心不乱に楽しんでました。
とても疲れていたはずで、ゆっくり寝ようと思っていたのに
好きなことをしていると疲れって感じないものですね(笑

takurouさんちのホテイ草は、パワーアップしたライトのおかげで好調そうですね。
うちはメダカ鉢にはライトがないので、なかなかダメです~。
っで、今回お安かったので多めに購入しておきました。
ベランダでお日様にあてて、保管部隊とします(^m^)

洗車スポンジのサイト、少しだけ見ました。
時間がなかったので、まだ少ししか見られてないのですが
オサカナ情報の中でミドリフグがあったので覗いたら
フグ好きには、ちょっと考えられない内容でした。。

サイト主さんはミドリフグで、うちの南米淡水とはずいぶん違うし
確かにミドリフグは雑食で何でもよく食べると聞きます。
でもだからと言って、人間のおかず(炒め物)などをエサにしておられたので
ちょっと見ていてつらくなりました(;_;)

ただ洗車スポンジをろ過として利用するというのはまだじっくり見ていないので
ルリ水槽に使えるか、読んで検討してみようと思います(^-^)

編集 | 返信 |  

takurou  2010, 04. 18 (Sun) 23:17

おおぅ

気にしないでくださいね~自分の用事と お魚さん達のお世話がまず大事ですからね(゚ー゚)
俺自身もこのコメ書いたの忘れかけてたぐらいだしww
携帯でサイトにアクセスして文章打つのめんどいですね
最近pc形式のキーがついてる携帯に変えたばかりですが、ボタンが小さくてやっぱり使いづらいw

やっぱ水草は販売レベルどこも低いんですかね~
ウチのホテイはやっぱりライトのみなんで少しづつ痛みは進んできてるけど、太陽光にスペクトルが
近いという蛍光灯に変えてる効果が出ているのか、痛んでいる部分もあるけど、新芽が出てきてるし、
買った時から大きな葉っぱが更に成長してガラス蓋に付いちゃうぐらいのまで出てきますた(゚ー゚)

洗車スポンジ方式は、「知る人ぞ知る」という感じですが、前回のコメで紹介したサイトは、既存の
濾過濾材に疑問を感じて試行錯誤を繰り返して、この方式を最初に考察・実証試験をして確立させた、
いわばこの方式の生みの親の方のサイトです

記事のいくつかキモになるところを読むと、水質調整や安定とかいう類のアクア製品がいかに不要か
アクア業界の実態が見えてきます(´・ω・`)

もちろん、水槽立ち上げの初期には所定の効果を発揮する物もあると思うけど、長期的に見ると
洗車スポンジ方式濾過器と、あと水のカルキ抜きだけで十分な気がします
というか、ウチでは実際にそうしていますが、直接水質絡みでお魚が落ちた事はまだありません

もし実践されるなら、このサイトの記事通り、濾過器への給水パイプに稚魚吸い込み防止用などの
スポンジを付けて物理濾過をそこで行わせるなど、きっちり処理をすればより有効に働くと思います~(゚ー゚)

編集 | 返信 |  

takurouさんへ←ノンノン  2010, 04. 17 (Sat) 09:48

お返事♪

お返事が~めちゃめちゃ遅くなってしまってすみません!
なかなかゆっくりPCに向かえる時間がなかったのだけど
一度頑張ってケータイから書いたのですが
最後に画面を消してしまって…泣けました(^-^;)

先日何年かぶりに訪れるペットショップへ行ったのですが
そこでやっとホテイ草とであったものの…
それはそれはひどい代物でした。
枯れかかってるうちのよりもずっと枯れていて
それで値段がちゃんとついてるんだから驚きです。

やはりチャー○さんの水草はきれいで大きくて安心だから
送料かかってもそっちで頼んでしまおうか…と悩み中です。
他にも水草いろいろほしいのがあるし~。

洗車スポンジろ過方式ですか!初耳です。
初心者にとって参考になるサイトならゼヒ見なければです。
水質調整剤を使ってないのに水質良好なんてスゴイですね~。
情報ありがとうございまーす♪

編集 | 返信 |  

takurou  2010, 04. 10 (Sat) 22:22

おへんじ(゚ー゚)

確かに水流嫌いで泳ぎが苦手な魚みたいなんで 自然界では弱い立場なのかもしれないね
(´・ω・`)

ヒレ大きい→泳ぐの苦手→立場弱い→水流無いとこ狭いとこを好む→水中溶存酸素少な目→
進化の過程で肺呼吸取得 みたいな?w

やっぱホムセンはどこも似たようなもんですかね・・・
いくら水槽でも濾過なしは酷いし、ビニール袋とか有り得ないですね
どう考えても水少ないし濾過なしだし酸素供給もないし・・・
小さなコップに汚れた水と同じぐらい、短時間で弱らせてそうな気がします
熱帯魚専門店じゃないから、扱う感覚が根本的に違うんでしょうね
他の商品と同じ「物」としてしか、扱う感覚ないんじゃないかと

ウチのベタ水槽と90cmは、普通の市販の外部濾過装置だけど、付属濾材は全く使ってなくて
「洗車スポンジ濾材方式」ってのをやってます
たまたま見かけたアクアリストさんのサイトで紹介されてたものですが、バクテリアについて
の考察など、アクア初心者にとっては色々とかなり参考になりました
この方式で濾材を組んで、水質調整剤の類は立ち上げ初期以外、未だに全く使ってませんが
水質良好です(゚ー゚)
C02添加を安く行うための発酵式添加っていうのも詳しく紹介してあります
ここを読んで、熱帯魚飼育にとって水ってほんとに奥が深いなと改めて思いました

お時間あれば覗いてみてくだしゃぃ(゚ー゚)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~sigotnin/aqua/aqmain.htm" target=_blank>http://www7a.biglobe.ne.jp/~sigotnin/aqua/aqmain.htm

編集 | 返信 |  

takurouさんへ←ノンノン  2010, 04. 10 (Sat) 12:29

お返事♪

弱い子って基本的に熟睡しないじゃないですか。
うさぎやハムスターみたいな小動物がそうであるように。
ベタって自然界では弱いオサカナなんでしょうかねぇ?
って、発想が間違ってる?!(笑

この前話していたホムセンに行った翌日
ちょっと取り寄せていたものがあって
普段は行かないペットショップへ行ったんですよ。
初めて入ったその店は、基本的に犬猫のお店なのですが
なぜかオサカナとしてベタだけが、結構たくさん扱われていました。
クラウンやプラガットはガラスの水槽に入れてもらってましたが(とは言えろ過はナシ)
やっぱりトラベタは小瓶や、ここでもビニールに入ってました。
う~ん。夜店の金魚みたいにして置いておくのだけはやめてほしぃ…。

takurouさんちのベタ水槽、バクテリアもたくさんいるんでしょぅね。
うちはルリのヒレが免疫力が弱いので
足し水とフン掃除だけしか行ってませんし
ブラックウォーターにしてることもあって
ろ過も活性炭は使わずスポンジだけで行ってますが
それでも水の透明度はかなりのものです。
底床も使ってないから、バクテリアはいないと思うんだけどなぁ。
水の世界って奥が深いですよねぇ。。

編集 | 返信 |  

takurou  2010, 04. 08 (Thu) 21:36

おへんじ(´ー`)

ウチの子も近づく=御飯のようで、後ろでうろうろしてても、ツーっと前に出てきてぐるぐるぐるぐるw
暴れん坊隔離槽とべったん御殿槽は俺がいつも居るリビングにあるので、ちょうど今ぐらいの時間から
明かりを最小限にして過ごすようにしてるんだけど、完全に明かりが落ちるまでは寝ている気配ないでつね
(´・ω・`)
まぁ確かにベタはすぐ気配を感じるのか、明かり全部落としてて、寝てるかな~って時にどんなにそっと
近づいても、結構動き出してこちらに反応しますなw
ウチの子はどんなにスヤスヤしてても明かりが点くとすぐ起きちゃうので、基本的に寝姿激写は無理ですw

魚の種類多いホムセンあるの羨ましいけど、流石にビニール袋は酷いね・・・なんでベタってどこも扱いがぞんざいなのか・・・
「コップでも」って先入観が強いんでしょうね
何も気を使う事なく、小さな入れ物にベタと水と入れておけばそれで飼えちゃう ぐらいしか思ってない
んじゃないかと
ベタだけそんな扱いなんで、もう長くないだろうな って状態のまま展示されてるの結構居ます
ほんとに、そんな状態でも、まだ生きてるのに捨てたりせず、客に見えないところに移動させて、そっと
しておいてあげてほしい・・・
切実に思います

そこのホムセンでは今後、水草ならまだともかく、生体はよほどの事がない限りもう買う気は起きない
だろうな~と、最近訪れる度に思います

ウチのベタ君はお迎えしてから、いつの間にやら、もう4ケ月経ちました
お迎えしたときからすでに今のサイズだったので、あとどれだけ生きていてくれるのかな、って最近特に
思いにふけるようになって
でも、病気することなく元気に大往生を迎えてあげれるように・・・それまでずっと一緒だよ~と
濾過が効いているのか水草がいいのか、ベタ君の御殿だけはずっと水が惚れぼれするほどクリアで綺麗なのを
保っていて、今日も気持ちよさそうにフヨフヨ泳いでます♪ (゚ー゚)

編集 | 返信 |  

まめさんへ←ノンノン  2010, 04. 08 (Thu) 17:17

お返事♪

今日は早起きをされたのですね!
コメントに出ている時間は投稿時間なので
もっと早い時間から、ケータイをぽっちりしてはったと思うと嬉しいです♪

ルリの前世がイルカ…
おばかな話と思うどころか、その文章を読んだ瞬間
「なるほど~そうなのかもぅ♪」と思ったわたしのほうが…(汗
まめさんとわたしは似たもの同士?(*^m^)

そうですよねぇ、プラガットはヒレが短いですもんね。
よりジャンプするということは、わたしはもう
毎日ヒヤッ!ドキッ!としちゃうかもです(笑

ホムセンで病気だったベタは、その後どうなったのでしょぅね。
ほんとにもうひどく手遅れの状態だったので
今さら治療をほどこして苦しめてあげたくはないですが
どうかどうか奥の片隅でもいいので、置いていてあげててほしいです。
何なら置くまでいって確かめるぞ!って言ってやりたいくらいです。。

昨日、なぜか今まで通り道だったのに行かなかった大型ホムセンに行ったんですよ。
そこに、ものすごくいろんなものがあったんです!
ベタやメダカはもちろんのこと、金魚や熱帯魚の種類も多く
初めて南米淡水ふぐの子供たち(1~2cm)の子たちがたくさんいるのを見ました♪

でもそれよりなにより、クリーンアカムシのミニキューブも売られていたし
以前まめさんに教えていただいた、バックナンバーもあったんですよ!
メダカとフグの巻を、舐めるように読んできました。(立ち読みかよ…笑)
次回からはそこも立ち寄りリストに入れて
少しずつ暗記するまで読みまーす!(買わないのかよ…笑)

編集 | 返信 |  

aoiさんへ←ノンノン  2010, 04. 08 (Thu) 16:52

お返事♪

今度オサカナ屋やホムセンに行く機会があれば
ぜひベタをじっくり見てみて下さい。
かなりの受け口ですよ(^m^)
確かにあの受け口っぷりは、水面のエサが食べやすそうです。
でも、ルリに限らず、ベタは底に落ちたエサも上手に食べますよ♪

いつもルリのこと褒めてくださってありがとうございます。
ヒレがジャキジャキなのにaoiさんにきれいきれいって言われる~(*^-^*)
ってルリが喜んでいました♪

応援ポッチリにもいつも感謝です。
わたしも、張り切ってaoiさんちでポッチリしてます!

編集 | 返信 |  

takurouさんへ←ノンノン  2010, 04. 08 (Thu) 16:47

お返事♪

うちも基本的には、寝てるとき以外は泳いでますよ。
近づくと特にエサかと思って張り切って右に左に動くので
寝てるときが一番観察できる~って感じです。
でもベタって、気配を感じるとすぐ起きません?
寝てるときを激写するのも、実はなかなかむつかしかったりします~(^-^;)

昨日、普段は全く行かない大型ホムセンに行ったんですよ。
意外にもものすごく魚の種類が多くて感激しまくってたのですが
そこで売られていたベタは、水槽に入れてもらってるのは1匹であとはビン。
さらにビン以外の子たちもいて、その子たちは
金魚すくいのときに入れてもらう、巾着みたいになったビニール袋あるでしょ。
あれに入れられてぶら下げられていました。
明らかに水量が足りてないような…って感じでした。
どこのホムセンでも、ベタだけぞんざいな扱いをされていて
ベタを愛するわたしたちにはツライ光景ですよね(ノ_;)

先日のホムセンは、奥へ連れて行かれた子がどうなったかはわかりません。
どうせもう長くない状態だったし、薬浴とかに負けそうなほどだったので
何か治療をしてほしいということではないのですが
どうか捨てたりせず、そっとどこかにおいててあげてほしい…と願うばかりです。
takurouさんちのホムセン、わたしたちの見える場所にあるゴミ箱にって…考えられない。
わたしならそこは愛用できないかもです。。。

編集 | 返信 |  

まめ  2010, 04. 08 (Thu) 08:36

おはようです♪

今日は、めっちゃ早い時間にお邪魔しました。
遅いと言われるかもしれないけど、私には早いほうでして…(^^;)

よくよく見れば、ルリくんもイルカみたいな綺麗な色しているし、
前世はイルカなのかもしれないですよ?
って、またそんなお馬鹿なコメントを…とは言わないで下さいね?(笑)
でも、あのジャンプ力はすごいですよね。ロングフィンのベタなら、
ジャンプも高くないけど、プラカットだと、ショートフィンだからか?
さらに高いジャンプしますから…(笑)。
プラカットを飼ったら、毎日ノンノン様は、ドキッとしっぱなしでしょうね?

ホームセンターで、そんなことがあったんですが…。
折角、話してくれたのに、私が此処で長々とお話ししちゃうと、
他の方とお話が被ってしまうようなので、短めになりますが…
(本当にゴメンナサイ)店の姿勢が悪すぎですよね。

お店も問屋から購入してくる関係上、輸送のストレスなどで生体も弱るし、
病気が出てしまうのはやむ終えないと思うんです。問題なのはその先ですよね?
しっかりしているお店はトリートメントしたり、
病気な魚はバックヤードの水槽に移動して薬浴したりと…
配慮が必要だと思います。あらゆる意味での配慮が、、ね。

ノンノン様が言わなきゃ、
ずっと店頭に置いて販売していたつもりなんでしょうね。
指摘して正解だったと思いますよ…。
悲しいと思いますが、そういう扱いが少しでも減るように願うばかりです。
そう考えるとルリくんは、幸せものです、うん。

編集 | 返信 |  

aoi♪  2010, 04. 07 (Wed) 23:40

Unknown

ノンノンさん、こんばんは♪
わ~いルリさん♪登場だわ~。ほ~んと、いつ見ても・・美しすぎですの・・。んもお~・・ため息が~でちゃういい意味で~美しいのが~罪~

指にむかって~ジャンプ~?て、て、天才だわ~ルリさん
ベタさんは~うけお口なのお~?わかりませんでした・・・今度、お店屋さんでちゃ~んと見て見ようと思います。

水槽も~きれいでうっとり
きれいは~大好きですの♪

応援ポチ~っと(*^^)vブイブイ

編集 | 返信 |  

takurou  2010, 04. 07 (Wed) 22:37

こんばぬわ(´ー`)ノ

ルリ君いつもほのぼのしてて羨ましいw
うちの子はほんと、寝てるとき以外ほとんどずっと運動会状態です(´・ω・`)‏

俺も、悲しい話は今まで出さなかったんだけど
ウチの近所のホムセンは特にベタの扱われ方が酷いんです・・・
「コップでも飼える」ってことをウリにしたいんだろうけど、水草水槽の上にほんとにほとんど皆コップに
で、水が綺麗な中で泳いでる子も居るのに、その隣の子の水はほんとに、これ青水ですかみたいに汚れてるまま放置
コップの水が綺麗な中に居る子も、汚れた水のコップの子も皆、ヒレは痛んでるし元気はないし
亡くなっちゃってるんじゃ? ってくらいずっと動かない子も
メスもたまに入荷するけど、同じような感じです

あまりにも水が汚いまま放置されてるの、ほんとに今まで何度 店員に言おうと思ったことか
でも、ノンノンさんのコメ読んで思い直しました
その店は亡くなった子を水槽から出して処分するにも、水槽陳列してるすぐ傍、客にモロに見えるところに
ゴミ箱が置いてあり、網で掬った魚を、さも何かの普通のゴミのように投げ入れているのです
客が見ているのも全く気にとめる様子もなく。

なので、「そうだなぁ・・・手当てしてもらえるならともかく、奥に連れて行かれた後・・・」と思うと
それならまだしも、まだ生きている子を目の前でゴミ箱に投げ入れられたら・・・と思うと
悲しい、なんてものを通り越してその場で店員を張り倒してしまうだろうなと
黙っておくのがまだマシなのかな・・・と

悲しい話に乗っかっちゃってスイマセン(´・ω・`)
ウチの子達は、変わらずみんな元気です♪ (゚ー゚)

編集 | 返信 |  

まめさんへ←ノンノン  2010, 04. 07 (Wed) 21:07

お返事♪

こぼれ紅さん、食べてくれるようになってほんとによかったです(o^^o)
今度は、少しずつ量が増えていくことを念じておきます!

ルリのジャンプ、イルカショーみたいでしょ(笑)
つくつんっと指に当たられるたびに、ドキッとしてます(^◇^;)

悲しい話なのでなかなか話題にできなかったことがあるのですが
先日いつも行くホムセンで、ひどい病気のベタをみました。
顔も体もヒレも、全てに白い大きなものができていて
その密着ぶりに、最初水玉模様の子かと間違ったほど。
とてもしんどそうで、見ているのが辛く
店の人に声をかけたら、奥へ持っていかれました。
まだ生きていたので、もしあのまま捨てられていたら…
と思うと、声かけたことを後悔しました。

仕方のないことかもですが、
見世の水槽で死んでしまっている子を見るより
病気の子を見るほうが辛いなぁ…といつも思います。

編集 | 返信 |  

まめ  2010, 04. 07 (Wed) 15:06

Unknown


こんにちは♪
指にアタックだなんてイルカのショーみたいですね、ルリくん(笑)
もしかしたら、芸するベタとしてデビューも夢じゃない?

でもベタって…
落ちている餌を探すのは上手ですよね。
探している姿も可愛いな~と思ってみてますが、ルリくんも可愛いんだろうな♪

前回のコメントですが…
うちのこぼれ紅、ミジンコを食べるようになりましたよ?
ちょっとですが、これを機にいっぱい食べてくれれば良いのですが…f(^_^;

編集 | 返信 |  

新着記事一覧